ワクチン接種優先順位にちょっと笑ってしまった。

ニュース
この記事は約3分で読めます。

ボンジュール☆

ケベック州政府は今日次のワクチン接種優先順位を発表しました。

例えばモントリオール地区は60歳以上の人なら誰でもワクチンの接種が可能でした。

これが今週の金曜日から次のグループが追加されます。

新しく追加されるグループ
  • エッセンシャルワーカー(社会で必要不可欠な労働者)
  • 慢性疾患を持つ人

この二つのグループに入る人は年齢に関係なくワクチンの接種が可能になります。

エッセンシャルワーカーとは、学校や保育園の教員そしてスタッフを始め、警察、刑務所のスタッフ、警察官などを含みます。

慢性疾患の中でも感染症に弱い疾患、例えば高血圧、呼吸器官や心臓血管疾患、糖尿病、癌、そして腎疾患などを含みます。

詳しくはこのリストに書かれてあります。

慢性疾患に含まれるリスト
けび子
けび子

肥満も慢性疾患に含まれるのね・・・

サイコーシス(精神疾患)も含まれています。

政府当局はこれらのグループは15万人近くの人たちが当てはまるそうです。

結構な買うですよね。

エッセンシャルワーカーの人たちは各自インターネットで予約を取りエッセンシャルワーカーだと言う身分証明書を持参すればワクチンの接種が可能だそうです。

慢性疾患を患う人たちは各自の係医と連絡をして病院で接種することになるそうです。

但し、これはモントリオール在住の人たちのみで他の地域は暫く待つことになりそうです。

今日の発表で政府当局は『55歳以上の人たちにはアストラゼネカ社製のワクチンを提供する』とも発表しているんですがこれには個人的に困惑させられています。

その説明がイマイチなんですよ。

…any potential risk from AstraZeneca are far lower than the benefits of being inoculated..

アストラゼネカ社製のワクチンのリスクはワクチン接種の利益と比べると非常に少ない。

CBC News.
けび子
けび子

ちょっとさぁ〜、リスクと利益の比較ってリンゴとみかんを比較するようなものじゃないですか?

本当に訳分からない説明に納得しているのかしら。。。

年配の人たちが感染しやすいって言うのは分かるんですよ。

報道でも、アストラゼネカ社製のワクチンは、年配の人たちが接種しても、若い人たちに比べるとリスクが比較的に少ないとも言われているのも事実なんです。

だけど、政府当局からはどれだけリスクが少ないかを発表してくれなきゃ。

その発表が出来ないなら判断待たないとじゃないのかしら。。。

モヤモヤが消えずに夫くんと話をしております。

政府は6/24日までに州の全員が1回目のワクチン接種を終わらせている状態にするのが目標なのだそうです。

いずれにせよ、ウチらが接種出来るのは先のことなので、まぁ〜気長に待つことにします。

Quebec to start vaccinating essential workers, people with chronic illnesses | CBC News
Teachers, school staff, police, firefighters and other essential workers who work in Montreal will be able to make appointments on the Clic-Santé website as of ...read more
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】 塩銀鮭切身1切×30P(約2.1kg) A-09018
価格:12000円(税込、送料無料) (2021/4/7時点)

コメント

  1. まちゃる より:

    おはこんばんちわ(笑) 

    ←時空がゆがむ挨拶……。

    肥満も慢性疾患って下りわらけたわ!
    して我のお腹の肉むにゅーーとつかんでみましたさ ww

    あたしは順番がまわってきても
    どうしようか?まだ迷ってるけど
    慢性疾患の仲間入りしないようヨガって贅肉排除しまーす。

    (⌒0⌒)/~~

    • けび子 より:

      まちゃるねーさん❗️
      コメント有難うですぅ〜💕
      そちらは早朝じゃござりませぬか⁉️
      何か眠れないような夢でも・・・
      アテシもどうしようか悩んでいるんですよ。
      だから、色んなアンテナを立てて(ムフフ♪)情報を取ろうとしているんですがね。。。
      本当に順番来る前に疾患者になっても困るので必死にワイン🍷飲んで消毒頑張ります〜💪

  2. JPNSFO より:

    太っている人はこちらでも優先リストに入っていました。たぶん統計である程度の肥満度がある人はこのコロナで死亡する確率がもの凄く高かったので入れたのでしょうね。

    アストラゼネカ社製のワクチンはいろいろと報道されていて少し戸惑いますね。情報量がもともと少ないのでしょうが、もう少し市民が納得する情報提供をしないと、ワクチン接種率にも響いてしまいますね・・・

    • けび子 より:

      JPNSFOさん
      コメントいつも有難うございます❣️
      やっぱり太っている人『も』優先リストに入るのって北米だから?ってちょっと思ってしまいました。
      実際にその所為でその他の疾患を患う人も多いと思うので医学的に見ると妥当なのかもですね。

      とうとうケベック州では55歳以上ならアストラゼネカ社製のワクチンを予約なしで接種出来る様にするんだとか報道されていました。
      これもちょっと・・・って思うんですが、仰る通りなんせ情報が足りなさ過ぎるですよ。
      集団免疫に悪影響を与えないと良いんですが。。。

  3. Giro より:

    3月上旬に感染した社員(20代後半)がコロナ後遺症でしんどいからって休暇申請に来たんだけど、もう体全体に力が無くげっそり痩せていて歩く姿は高齢者みたいでした。

    やっぱりただの風邪じゃないですね、怖さを再認識しました。

    ワクチン接種の順番が回ってきたら早く接種したいのですがもっと正確な各ワクチンの情報が欲しいですね。

    • けび子 より:

      Giroさん
      コメントいつも有難うございます❣️
      社員の方の早い回復を願っています。
      昨日もラジオでコロナの様々な後遺症について報道されているのを聞いたんですが『怖っ』て率直に思いました。
      本当に人って Out of sight, out of mind だから自分も目の前に無いものは眼中に無くなるんですよね。
      これだけニュースで話して身の回りでも話題になっていてもですよ。
      アテシもどれだけ感染予防しなきゃいけないか再認識させられた感じでした。
      ワクチンに関しては本当にこちらでも情報が入手出来なくて政府が意図的にシャットアウトしてない?って思うくらいです。

タイトルとURLをコピーしました