小さな村の合唱団

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
こんにちは、けび子( @keviko.com)です。

今週は0度以上の天候なんですが雨続きでちょっと気分もグレーです。

先日アテシの住んでいる村に新しく出来た合唱団の幕開けコンサートがあったので行って来ました。

その時の感想をちょっと備忘録として書きたいと思います。

目次

合唱団が出来た理由

5〜6年前に家族と一緒にこの村に引っ越して来た女性が余りにも寂しく感じて始めたのがこの合唱団だそうです。

新しい土地に越して来て寂しいときは合唱団を探すといい

そんなことをどっかで読んだか聞いたかで村にある教会や近隣の町にある教会の合唱団を行き来したそうです。

それでもやっぱり宗教の束縛から離れて自分たちの好きな音楽を気に入ったアレンジで歌いたいそう思う様になったそうです。

そこから実際に活動を始めるまでには数年かかったそうです。

活動始めてまだ半年ちょっと過ぎたところ

実際に活動が始まったのは今年の春だそうです。

それでも口コミで人数は週ごとに増して行ったそうです。

ウチらのお友達も何人か入って活動しています。

毎週2回の練習だそうです。

それで初めてのコンサートを開くのはちょっと冒険だとアテシは思っていましたが。。。

アテシの素直な感想

入場料は一人5ドル。子供は無料。

観客は少なくても50人はいました。

小さな教会のオディトーリアムで行われた初コンサート。

質は。。。懸念していた通りでした。

合唱団の見所ってやっぱりハーモニーじゃないですか。

一緒に歌い始めて時間が浅いのと多くの人がコーラスの未経験者だそうです。

そのせいかハーモニーのアレンジがどうしても単調。

折角、立派はバスの男性がいたんですが生きずに残念。

さいごに

パーツパーツはすごく良かったのでやっぱり惜しかったです。

でも!

来年は絶対にもっと素敵になっているんだろうなって思わせる内容だったので期待を持てた時間でした。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント頂けると励みになります🫶

コメントする

CAPTCHA


目次