アメリカ旅行〜番外編

2020 2/27
アメリカ旅行〜番外編

ボンジュール☆

今回滞在したホテルでちょっとしたインシデントがありました。

番外編として記録に残しておきたいと思います。

目次

滞在したホテル

ウチらはネット予約で価格が安かったのでスイートルームに滞在しました。

真っ赤になった肌

遊び盛りの子供たちを疲れさせるのに1番良いのがプール。

思いっきりプールで遊ばせて疲れたら夜も大人しく寝てくれます。

2日目の昼食後ホテルに戻ってみたらホテルの部屋で待っていた子供たちの皮膚が真っ赤になっているのに気がついた大人たち。

薬品焼けしているみたい

「痛くないのか」って尋ねたら

「痛くて痒い」と言う回答。。。

5人の子供中プールで遊んでいた3人の体が真っ赤な状態。

1人はただれているみたいにも見えて大人はびっくり。

その肌を見て弟2号が「プールがものすごく薬品臭かった」と思い出します。

どうもプールのPhバランスが崩れていた様子。

慌てて夫くんが子供たちを連れてホテルのフロントに向かいました。

問題ありません。

数分して戻ってきた夫くんと子供たち。

顔色を見ればホテルの対応の大不服の模様。

夫:こんなホテルの対応は初めてだ!

子供:すごく不親切だった!

夫:数時間ごとに水質検査に送っているから問題ないだとか行ってたけど絶対にウソだ!

子供たち:こんなに真っ赤になって痛くて痒いって言ったのに無視された!

夫: 一階にはホッケーチームが泊まっているみたいだけど、絶対あの子供たちも被害が出るぞ。。。

アテシと弟2号の嫁: 兎に角肌にクリームでも塗って落ち着かせないとね。

夫くんはフロントの言動にすごく憤慨してちょっと興奮気味。

子供たちの肌の様子をよく見てみるとブツブツになっているだけじゃ無くてちょっと熱を持っていてすごく赤い。

アロエ成分のたっぷり入ったクリームを塗って上がると「滲みるぅ〜」って騒いでいました。

数時間後には痛みも落ち着いた様で子供たちも疲れたんでしょう寝ました。

プール閉鎖

朝ドアのノックで起きたウチら。

弟1号でした。

1号: プールが閉鎖になっているぞ!

夫: おい、マジかよ。やっぱり一階の子供たちも被害受けたんだよきっと。子供たちの様子は?

1号: まだ真っ赤だよ。もう一度フロントに苦情出して来る。

プール閉鎖

結局、翌日の朝マネージャーが来るからその時に話をしてくれの一点張りだったそう。

その日はプールが開くことはありませんでした。

外は氷点下で遊ばせることも出来ず部屋の中で映画を見せながら時間を潰すけどやっぱりジッとしているわけのない子供たち。。。

大人たちもイライラし始めて2号が突如フロントに文句を言いに行きました。

プール付きのホテルを選んだ理由がそれなりにあった訳で値段を払った分の価値がねぇ〜と唸っていました。

回答は同じで翌日マネージャーが来たら話をしてくれだったそうです。

最終結論

翌日も閉鎖したままで、滞在初日をのぞいてプールは結局として開くことはありませんでした。

自分たちが空港へ出発する時にはまだマネージャーが到着していなかったので他の家族に任せました。

後から聞いた話では、2号が兎に角マネージャーと話すまで帰らないとフロント近辺で陣を張っていたそうです。

そして交渉の結果、

宿泊していた4部屋全部に1晩ずつ無料にしてくれるとのことでした。

写真もいっぱい撮ってあった様でそれを見せながらの脅しですねもうw。

さいごに

1番最初夫くんが苦情を出した時に謝罪と対応についてすぐに話をしてくれていれば大人たちもここまでしなかったと思うんですよ。

最初のボタンをかけ間違えたためにズルズルと。。。

なんでも市の役員みたいな人たちもプールを見に来たって言っていたので大騒ぎになったんだと思います。

苦情の対応って本当に紙一重ですよね。。。神一重が正しいのかしら。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

♂x♂結婚。カナダ国籍取得。筋トレ、音楽・映画、料理など好むアラフィフ。

コメント

コメントする

目次
閉じる