期待の管理

カナディアンライフ
この記事は約2分で読めます。

ボンジュール☆

都市ロックダウン中のケベック州からお伝えしております。

来週には一応今回のロックダウンは解除される予定ですが、政府は期待の管理を始めています。

ルゴー首相はケベック州民の健康と安全が何よりも優先だと、今回のロックダウン解除後も厳しい行動の規制が続くことを示唆しています。

ただし、ビジネス環境の状況を見ながら徐々に規制緩和を進めていくとしています。

そしてこの緩和は、地区ごとで行われると報道しています。

ルゴー首相
ルゴー首相

モントリオール地区の緩和は厳しい。

追いかける様にカナダのテレッサ・タム公衆衛生長官は次の様にカナダの全州の保健庁に通達しています。

側近に見るコロナウィルス感染者数の下降傾向を着実に維持するためには、強力な対策を講じ続けることが重要です。

彼女は今の規制を緩和するのは最善の注意を払う様に警告しています。

カナダは国境閉鎖中で外国からの入国者を原則として拒否しています。

その反面、カナダ国民の海外渡航については、帰国後に14日間の隔離を強制させる以外、出国自体は自粛する様求めるだけでした。

これも改め、海外から戻ってくる国民にPCRテストを課し、旅行者の自費で空港近辺のホテルで隔離するなどカナダ人の渡航規制も新しく加わる模様。

ケベック州も同様だそうです。

ケベック州警察が隔離中の旅行者を厳しく監視することになるだろうと報道では話が出ています。

陸路や海路からの入国については・・・???ですが

新しい変異体が幾つも出て来ている中ワクチン自体の供給不足、更にはワクチン忌避者の増加など懸念される項目は行動規制だけじゃない現実。

けび子
けび子

特効薬を誰か作ってくれぇ〜

今年中には終息して欲しい。

そう願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました