ちょっと遠くにあるタイ料理のレストランに行って来ました。

カナディアンライフ
この記事は約3分で読めます。

ボンジュール☆

週末の夕食はたいていジョニーとデイビッドカップルと過ごしています。

最近はこれにライアンとナンのカップルも加わり3カップルで行動を共にしています。

昨日はライアンとナンが推薦するタイ料理のレストランへ隣の州まで行って来ました。

タムズ・キッチン タイ料理

ウチらの家から車で45分強の距離にあるこのレストラン。

ライアンとナンが偶然見つけたレストランで本場の味に近いとナンは言っています。

場所:Thum’s Kitchen Thai Cuisine
1615 Pitt Street, Cornwall, Ontario K6H 3G3
tel: +1 (613) 932 – 5155

料理

ウチらはどうしてもいつの頼む様な料理しか頼んでいません。。。汗

先ずはトムヤムスープ。

そこから生春巻き、パパイヤ・サラダ。

チキンとブロッコリーにパッタイ。

ジョニーとデイビッドも殆ど同じでパッスイって言うパッタイと似た麺類の料理と鴨肉の料理を頼んでいました。

ライアンとナンは前菜は飛ばして魚介類の料理を頼んでいました。(←遠くて写真撮れなかった。。。泣)

感想

不味かった。。。

夫くんとジョニーはパッタイが不味くて食べられずにキッチンに送り返しました。

本当はピリ辛くらいでも良いはずのパッタイが甘いBBQソースに浸かった麺の味だったそうです。

夫くん
夫くん

喰えないくらい、甘過ぎ\\\٩(๑`^´๑)۶////

アテシはチキンとブロッコリーを頼んだのですがこれがまた塩の味しかしなくて…

こちらもソースななみなみとお皿に乗っていて全てが「ザ・塩」の塩味強調味付け。

アテシは、ブロッコリーやチキンをナプキンの上で数回乗せてソースを少しでも省いてから食べました。

ライアンとナンの魚介類は美味しかったとは言っていました。

けび子
けび子

でも、2人とも残していたので本当のところはどうだか…

失敗

料理が余りにも残念だったのでタイコーヒーをアテシは食後のデザートに注文したんです。

これが失敗。

その原因が「練乳」です。

アテシって実は軽度の乳糖不耐症なんです。

乳糖不耐性

牛乳およびその他の乳製品に含まれている糖の一種である乳糖を、消化もしくは吸収することができないこと。

帰りの車の中ではこの練乳のせいで胃が破裂する様な不快感とお腹が下っていく感じがしてソワソワしちゃって…

帰宅して直ぐトイレに直行。

なんとか粗相は免れました。

さいごに

せっかく車で45分も離れた隣の州にあるレストランまで行ったのに本当に残念でした。

でもこのグループは話していても楽しいので良い時間を過ごせた点では満足です。

もう既に次にみんなで一緒に行くレストランが数件選別されているのです。

いつまでこの3カップルで仲良くしていられるかわかりませんが…爆

コメント

タイトルとURLをコピーしました