初等教育の大切さ

ボンジュール☆

先日の投稿で「初等教育の差」ってサラッと言及しました。

Twitterで仲良くして頂いているちよかま(@gh_chiyokamaya)さんがご自身のラジオでどう言うことなのかもう少し詳しく知りたいって言われていたので少しだけ書いてみたいと思います。

あくまでもアテシの経験を通して感じたことです。

個人の意見ですので気に入らない部分があったら愛嬌でスルーしてください。

Contents

常識

これって本当に団体生活の基本だと思います。

学問も大切ですが、初等教育で一番大切なのがこの団体生活での常識を学ぶことじゃないでしょうか。

法律とまでは言いませんが、アテシたちの住んでいる社会はどの国に行っても団体生活に変わりありません。

その団体生活を楽しく有意義に過ごすための「常識」が暗黙の了解で出来ています。

厄介なのがこの「常識」は文化や宗教によって若干ズレが生じるんですよね。

何を美徳とするか道徳と考えるかも異なります。

自分の常識を理解出来ないからと言って頭ごなしに相手の善悪を決めるわけにもいきません。

カナダの様に他種の人種に多種多様な宗教信者が共同生活をしている社会では接点を見つけるのが難しいです。

でも、外出から戻って来たら先ずは「手洗いにうがい」をするって言うのはどこの文化でも浸透しても良さそうなんですがね…

自由

マスクをするしないは個人の自由を損害していると言う人たちをテレビ見ることがあります。

アテシたちの自由は法律や社会の常識って言う枠の中で許されているとアテシは教わりました。

その枠が場所によって異なるだけで、好きなことを好きな時に好きな様にすることは出来ません。

法律はわかりやすいけど「常識」がね。。。

  • マスクをすることで周囲の人へ菌がうつるのを防ぐのが常識
  • マスクをする、しないを自由に選択出来るのが常識

常識の認識が違うと自由の認識も違うってことになっちゃう⁇

他人に迷惑をかけない」範囲での自分の自由ってどの文化でも宗教でも浸透しても良いと思うんですがね…

まとめます

新型コロナウィルスでの死亡者率が日本は低い。

こんなところから始まった「初等教育の差」ですが、団体生活の常識を幼児期に学んでいる日本だから。

そしてその常識を大半の人が同じ様に認識しているからだったからですかね…

相手のことを考えた行動が出来るかどうかは、団体行動に主観を置いた初等教育を受けている人たちはある程度理解出来るんだと個人的には思っています。

団体行動の常識は、幼児期に覚えてしまうと大きくなっても自然と考えずに行動に表れるんだと信じたいです。

個人の才能や長所を強調し過ぎると「私」がいつも先になってしまう気がします。

必ずしもそれが良いとも、悪いとも断言出来ませんが、団体行動と言う観点からだけみると、協調性に欠けてしまう。

そんな気がします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントする

Contents
閉じる