キムチを漬けました❣️

ボンジュール☆

お友だちのJくんが新鮮な白菜と大根を見たからってウチらの分まで購入してくれました。

キムチが丁度切れて新く漬けないとって話をしていた矢先。

白菜2玉に大根が2本。

キムチの素を作る材料は自宅に揃っていたので速攻取り掛かる事にしました。

Contents

塩漬け

先ずしないといけないのが塩を振って放置して水を出す事。

白菜を食べやすいサイズに切って塩を振ってしんなりするまで放置。

白菜の茎の部分を曲げた時、パキって折れなくなる程度まで塩漬けにするのがポイント

大根もカクテキのサイズに切って塩を振って放置。

大根は切ったのを一つ食べてみて辛かったら砂糖を入れるのがポイント

今回は1時間程度だったかな。

必ず途中で数回上下を入れ替える様に混ぜて満遍なく塩漬けしましょう

塩漬けが出来たら流水で塩をきれいに落として水気をしっかりと切ってください。

けび子のアイコン画像けび子

アテシは1時間程度ザルに移して水を切りました。

キムチの素

待っている間にキムチの素を作ります。

先ずしないといけないのが糊作り。

もち粉か小麦粉を水に溶かして中火でよく掻き混ぜながら作ってください。

透明感が出て来て水っぽい程度の糊が出来たら冷やしてくだし。

これをしっかり冷やさないと発酵せずキムチを腐らせますので注意。

水の代わりに出汁を利用すると味に一層深みのあるキムチができます。

けび子のアイコン画像けび子

アテシは煮干し、昆布、椎茸、玉ねぎなどを煮て出汁を作って利用します。今回は、時間省力で水を使いました❣️

ミキサーにニンニク、梨/りんご、生姜、玉ねぎ、イワシエキスを混ぜて、赤唐辛子と混ぜて完成。

アテシは砂糖の代わりに蜂蜜を加えます。

白菜のキムチには大根とニンジンの千切り、小葱をぶつ切りしたのを加えて完了。

カクテキ小葱のぶつ切りだけでも良いけどニンジンの千切りを作り過ぎたので加えました。

完成させます

後は混ぜて熱湯消毒した瓶に詰めるだけ。

夫くんが横から味見するって食べながら写真を撮っていました。

けび子のアイコン画像けび子

アテシは慣れているので素手でしておりますが、ビニール手袋を使用されることをアテシはオススメいたします。

けび子のアイコン画像けび子

発酵が進んでいくと水分が出るので詰めるときは8分目までがオススメです。
瓶詰めの際はたまに空気を抜けてあげてください。

このキムチの素の作り方は沢山あります。

家庭によっていれる材料が違うので自分の好みを探してみてください。

この作り方は本当に基本で簡単に出来るから漬けてすぐに食べ切る量の場合は適していますが沢山の量を作って長く食べる伝統的なキムチの作り方とは少し異なります。

さいごに

後は数日室温で発酵させて冷蔵庫で数日寝かせたら食べ頃になります。

もちろん室温が高ければ1日程度でも冷蔵庫に入れて大丈夫です。

出来上がりです
詰めすぎて溢れまくってしまった…汗
PVアクセスランキング にほんブログ村
0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • おいしそーー!!!

    って美味しいわよね確実に w

    キムチよりキムチを瓶詰してる美味しそうな肉体美に目がいってしゃーなかったけんど・・・。。

    0
    • まちゃるさん
      いつもコメント有難うございます❣️
      もぉ〜そんな優しい言葉頂いちゃったら風船みたいにフワフワ飛んじゃうわぁ〜
      メルシー❤️

      0

コメントする

Contents
閉じる