モントリオールの冬をプチ紹介してみます。

ボンジュール☆

今日はモントリオールの冬をご紹介したいと思います❣️

ってか、アテシが紹介するんじゃなくてYouTubeで見つけたのでそちらを紹介したいと思います。

目次

動画でどうぞ。

ある雪の日のモントリオールです。

英語ではサブタイトルがついているので使ってみてください。

はじめ

彼は「Plateau プラトー」って呼ばれる地域に住んでいる様ですね。

ル・プラトー

自宅から出る前にこんなアドバイスをしてくれています。

  • 温かい靴下は重宝する
  • 手袋は必需品
  • 毛糸の帽子とかも大きな助けになる
  • 温度設定を調整して不在中に無駄なエネルギーを使わない様に節約

この中で「毛糸の帽子」はもう超同感。これがあるのとないのとでは寒さの感じ方が全然違います。

熱は頭から逃げていくらしいんですよ。

それを妨げる役割の帽子です。

けび子のアイコン画像けび子

髪型とか気になるけどこの際そんな事言ってられません‼️

公園

自宅近所の公園を通って地下鉄に乗って旧市街へと向かっています。

特にプラトーには公園が大小たくさんあります。

彼が通った公園は「Jarry Park ジャリーパーク」っぽいですね。

Jarry Park
びっくりする光景ですが、モントリオールでは冬でも自転車に乗っている人やジョギングをしている人をよく見かけます。
けび子のアイコン画像けび子

コレほんとう

教会とメトロ

もう一つよく見かけるのは「教会」です。

特にプラトー地区は大きな建物が無いのですが突然巨大な教会が現れる事があります。

モントリオールのメトロ(地下鉄)は「基本的に」時間通りでキレイです。

Bombardier’s North American Division President Raymond Bachant, left to right, Quebec Transport Minister Jacques Daoust, Montreal Mayor Denis Coderre and STM Chairman of the Board Philippe Schnobb take a ride in one of the new AZUR metro cars, Montreal, Que., Feb. 7, 2016. THE CANADIAN PRESS IMAGES/Mario Beauregard

地下鉄の駅の中は結構暑いので外気との温度差は慣れないですね。

旧市街

有名なノートルダム聖堂がモントリオールの旧市街にあります。

Aurore DuwezによるPixabayからの画像

有名なシリーニュ•ディオンが結婚したところで亡くなった旦那様の葬式にも使われました。

この辺りは観光客でいつも賑わっています。

ウィキペディアで歴史を読む

昔ながらのレンガの道に圧迫感のある石製のビル。

古い街並みは今でも守られています。

Kelsey VereによるPixabayからの画像

旧市街にあるレストランはどうしても観光客目当てなので住んでいる人は避けますね。

でも、彼が見つけたお店みたいにすごく良心的な価格のお店もありますので口コミ情報を事前に集めて来られるのもオススメです。

地下街(アンダーグラウンド)

そして忘れてはいけないのがモントリオールの地下街。

モントリオール地下街地図

世界最大とも言われ、面積12km2に総長32Kmもあります。

モントリオール・アンダーグラウンド案内

ダウンタウンに住んでいたい時はしょっちゅう地下街を歩いていました。

たくさんのショップにデパートや映画館が繋がっていてそこに地下鉄まで繋がっているので冬は本当に便利でしたね。

一日中一度も地上の上がらなくても地下街で過ごせるんです❣️

最近はバー•レストランが出来たらしくていつも人で賑わっているそうです。

さいごに

他人の撮った動画を“活用して”モントリオールの冬を紹介してみました。

自分で撮れる日は遠いないと思いますのでこれで御免ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • くいしんぼうよしこ さん
      コメント有難うございます!

      このカナダ人の健康志向ストイックですよね!
      やっぱり太陽の光を浴びる日が少なくなる冬は体を動かすことで鬱の防止になっているとか聞いたことあります。

      でも氷点下の気温でそこまで走る?ってストイックな人多くて驚きです。

      汗が凍って逆に体調崩さないのかしら。。。

コメントする

目次
閉じる