ゲイライフ

2016年の統計から見るカナダでの同性カップルの現状

ボンジュール☆

2020年も第2週目に突入。

本格的に仕事始めをされている方が多いと思います。

休み明けでダルイ気を引き締めてアテシも頑張りたいと思います。

何について書こうかネットサーフィングをしていてたどり着いたのが同性カップルについて2016年の政府が発表した統計結果。

今日はその内容についてさらっと書いてみようと思います。

約1%のカップルが同性間

2016年の統計では72,880カップルが同性間だったそうです。

これはカナダ全部で0.9%に値するそうです。

2006年から10年の間で60.7%増えた結果になっています。

因みに、同じ10年間で異性間のカップルは9.6%増だったそうです。

もちろん、多くの人が自分がLGBTQであることを隠さずに生活出来る環境になって来たことが多くの人口が正直に回答し数字として現れているんではないかとアテシは個人的に思っています。

スポンサー広告



1/3の同性カップルが結婚を選択

同性カップル中33.4%(24,370カップル)が結婚をしています。

2005年7月にカナダでも正式に同性間での結婚が法的に認められました。

その翌年に行われた統計が7,465カップルだったのと比較すると10年後の2016年統計では同性婚の数は3倍にも増しています。

その内女性間のカップルが35.9%で男性間の31.2%よりも上回っている結果が出ています。

性別回答をしなかった人がいるんでしょうね。。。そうじゃないと数字が合わないw。

他の国は?

同性カップルの比率が他の国ではどうなのかちょっと覗いてみます。

ドイツ 0.5 %
イギリス 0.9 %
アメリカ 1.4 %
オーストラリア 0.7 %
アイルランド 0.4 %

こう見るとカナダの数値は若干高めですね。

スポンサー広告



オンタリオ州:同性カップルの天国

オンタリオ州の同性カップル人口は、72,880カップル中26,585カップルでダントツ1位だそうです。

でも、人口比率で見るとオンタリオ州が0.5%だったのに対してケベック州とブリティッシュコロンビア州が0.6%で上回っている結果が出ています。

同性カップルは都会が好み

同性カップル72,880の半分がカナダの4大都市に住んでいるそうです。

「トロント、モントリオール、バンクーバー、オタワ/ガティノ」

10年前の2006年統計と比較すると、ケベックシティーやカルガリー、エドモントンといった都心への移動が目に止まります。

スポンサー広告



同性カップルにも子供はいます

2016年統計で12%の同性カップルに子供がいるそうです。異性間カップルでは51.4%だったそうです。

2001年統計では8.6%だったのに比べるとこれも随分と飛躍しています。

女性間のカップルの方が男性間のカップルよりも多く(80%)子供を作っているそうです。

さいごに

カナダでは5年ごとに統計を取っています。

来年2021年が新しい統計が発表されることになります。

どう変動があったのかちょっと楽しみです。

スポンサー広告



ABOUT ME
けび子
♂x♂結婚。カナダ国籍取得。筋トレ、音楽・映画、料理など好むアラフィフ。

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *